一生に一度。女性に人気の結婚指輪は歴史から紐解いて選ぼう

人気の結婚指輪

結婚指輪の歴史

wedding ring

そもそも結婚指輪って何の為にするのか今じゃ当たり前になっていますが、人気の結婚指輪はいつから身につけるようになったのかご存でしょうか。
指輪の起源は、明確ではありませんがギリシア神話には、ゼウスの怒りを買ったプロメテウスが罰として鉄の指輪をはめさせられたそうです。
ギリシア神話の創世期は紀元前15世紀頃なので、その頃から「指輪」があったみたいですね。
しかし、今のように結婚の証として指輪を贈る習慣になったのは、紀元前1世紀頃の古代ローマ時代と言われています。
当時は「愛の証」という意味で贈られたわけでなく、当時の結婚というのはお金で妻を買うのが主流だったので、
お金を払った証として花嫁の父親に指輪を渡していたのが始まりだと考えられています。
結婚指輪の始まりって、結構残酷ですよね。昔の人は、今このような意味合いに変わっているとは信じれないと思います。
売買契約の証拠として贈られていた指輪ですが、永遠の絆や愛を象徴するものへ意味合いを変えていったと考えられいます。
そして、現在のような結婚指輪として最初に身につけたのが、9世紀のローマ教皇ニコラウス1世です。
これ以降、貴族を中心に愛の証として指輪を身につける風習になったみたいです。
また、指輪を交換する風習になったのは、11世紀に花婿が花嫁に金の指輪を、花嫁が花婿に鉄の指輪を贈るという風習ができ、
現在の結婚指輪の交換の儀式はこの頃から始まったと考えられています。